40代の抜け毛の対策について

40代からでも遅くない!抜け毛対策方法

以前より髪の毛が細くなりボリュームがなくなってきたと悩む40代の女性が増えてきています。

 

何もしないでいるなら髪の毛が薄くなっていくばかりです。抜け毛の原因を知り対策をとることで予防と改善に繋がります。

 

40代女性が抜け毛を引き起こす原因

 

40代女性の抜け毛の原因には、ホルモンの減少があげられます。

 

女性ホルモンのエストロゲンが、髪の毛を丈夫に成長させる働きをしています。

 

この重要なホルモンが一般的には40代から徐々に減少していくといわれています。

 

特に著しく減少する時期は閉経を迎える4〜5年前ぐらいからです。

 

エストロゲンの減少によって抜け毛だけでなく、体と精神面の両方に様々な不快な症状を引き起こしてしまいます。

 

そのような症状を更年期障害と呼ばれています。

 

女性ホルモンであるエストロゲンは体調を整え女性らしさを維持したり、髪の成長に大きな影響を及ぼしています。

 

ですので、加齢によってこのホルモンが減少していき、毛髪の成長がうまくいかなくなってしまいます。

 

40代女性の抜け毛は、エストロゲンの減少と同時に、カラーリングやパーマを頻繁に行うことで髪の毛と頭皮にダメージを与え続けてきたことも原因といわれています。

 

若いころは新陳代謝も活発ですので、そのようなダメージを修復できたかもしれませんが、40代以降になると新陳代謝も低下するので修復しづらくなりダメージを受けてしまいます。

 

ですので、カラーリングやパーマは頻繁に行わないことで、頭皮と髪に与えるダメージを減らすことができます。

 

40代女性の効果的な抜け毛対策

 

40代女性の抜け毛は何も対策をとらないと進行していきます。

 

頭皮や髪へのダメージ、そして加齢といったことが原因で薄毛になるので、誰にでも起こり得ることといえます。

 

日頃から対策を心がけていくならば、進行を遅らせたり止めたりと予防することが可能になります。

 

普段から適度な運動を行って筋力をアップさせることで、新陳代謝を向上させて血行を促進することができます。

 

ウォーキングなど有酸素運動がおすすめです。女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを積極的に摂ることでも対策として有効です。

 

イソフラボンは、納豆や大豆、豆乳などの豆製品に多く含まれています。

 

また、女性ホルモンを乱してしまう原因にストレスがあります。

 

40代になるとストレスが体に影響を与えホルモンバランスを崩して、様々な体調不調を引き起こしやすくなります。

 

日頃から気分転換ができる趣味を持ったり、リラックスできる時間を作ることは大切な事です。

 

頭皮が乾燥したり血行不良にならないようにすることも肝要なことです。

 

洗浄力が強く刺激のあるシャンプーではなく、頭皮に優しく血行促進に役立つシャンプーを使うことも大切です。

 

抜け毛対策に、頭皮環境を整える成分が配合されている育毛剤を使うこともできます。